大杉神社

f:id:shioneri:20190101124500j:plain

初詣は「大杉神社」に行きました。

f:id:shioneri:20190101124600j:plain

江戸川区大杉にある「天祖神社」です。

通称は大杉神社と呼ばれ、天照大神が祀られています。

江戸川区の辺りは平安時代後期から鎌倉時代および南北朝時代にかけて、伊勢神宮に寄進され、葛西御厨(かさいみくりや)と呼ばれる荘園だったそうです。

大杉神社の創立年代は不詳ですが、葛西御厨の時代かもしれないとのことです。

f:id:shioneri:20190101124900j:plain

さすがに元日だけあって、参拝の行列ができていました。

本年もよろしくお願いいたします。

有馬温泉

f:id:shioneri:20181225093000j:plain

有馬温泉」に日帰りで行ってきました。

江戸時代の温泉番付では、東の大関「上州 草津の湯」に並び、西の大関は「摂州 有馬の湯」なんですね。一度行ってみたいと思っていました。

f:id:shioneri:20181225093500j:plain

有馬温泉のお湯といえば「金泉」と「銀泉」です。手軽に入るには公衆浴場の「金の湯」と「銀の湯」があります。そこで特に人気の高い金の湯に向かいました。

しかし、定休日...よく調べておけばよかったです。がっくり。

f:id:shioneri:20181225094500j:plain

仕方がないので銀の湯に向かいます。

途中に「妬(うわなり)泉源」というのがありました。7つの泉源の1つだということです。

f:id:shioneri:20181225094700j:plain

銀の湯に到着しました。

銀泉は透明でさらっとして優しい感じのお湯でした。

f:id:shioneri:20181225104600j:plain

風呂上がりに温泉街の坂を上り「炭酸泉源広場」という公園?まで足を運びました。

f:id:shioneri:20181225104700j:plain

池のようなところがあり、これが炭酸泉源なのか?と納得して戻ったのですが...後ほど調べたら、炭酸泉源は神社のようなお堂の中にあるようです。

なんか不親切な公園でした。損した気分です。

f:id:shioneri:20181225105700j:plain

お土産を物色しながら、ふりだしの太閤橋まで戻りました。

サンタクロースの帽子をかぶった、外国人が「メリークリスマス」と言っていました。

f:id:shioneri:20181225112500j:plain

「ゆけむり広場」に到着しました。

f:id:shioneri:20181225112700j:plain

「太閤秀吉像」がありますが、ゆけむり広場には誰もいませんでした。

目立たないからだと思います。もう少し演出した方がよいのではと思いました。

f:id:shioneri:20181225115700j:plain

昼食は有馬温泉駅の近くにある「浪花鮓 まえなか」という寿司屋に入りました。

f:id:shioneri:20181225113800j:plain

「定食」をいただきました。ショーケースから寿司の乗った皿を選び、それにうどんが付くセットです。温泉地ですが、とても良心的な価格設定でした。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

浪花鮓 まえなか

 

上島珈琲店 本店

f:id:shioneri:20181223130300j:plain

苦楽園のコープに買い物に行きました。

昼食は喫茶店でサンドイッチでも食べようということで...

調べてみると「上島珈琲店 本店」が苦楽園にあるので行ってみました。

駐車場はないようですので、目の前の道路の路上パーキングに駐車をします。

f:id:shioneri:20181223130600j:plain

やはりコーヒーが美味しかったです。

ごちそうさまでした。

上島珈琲店 本店(苦楽園)

 

弓弦羽神社

f:id:shioneri:20181215143200j:plain

神戸市東灘区の「弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)」に詣でました。

f:id:shioneri:20181215143600j:plain

フィギュアスケート羽生結弦選手のファンでは聖地になっているそうですが、私はファンではありません。「厄除開運・家内安全・交通安全守護・諸願成就」をお祈りいたしました。

f:id:shioneri:20181215144700j:plain

こちらが本殿です。拝殿の奥にあります。

f:id:shioneri:20181215144100j:plain

本殿の脇には「御影石のサッカーボール」があります。

神社の眷属(けんぞく)は「八咫烏 (やたがらす)」ですが、日本サッカー協会も同じ八咫烏をシンボルとしているそうで、サッカーの聖地でもあるようです。

f:id:shioneri:20181215144701j:plain

この地域は灘五郷と呼ばれる日本酒の酒どころで、名高い蔵元(菊正宗・白鶴・剣菱などの)が氏子として名を連ねています。

姫路城

f:id:shioneri:20181208112100j:plain

「姫路城」に始めて行ってきました。以前、姫路城に隣接する「姫路市立動物園」には行ったことがあったのですが、子供が小さかったこともあり、お城の中には行かなかったのです。

f:id:shioneri:20181208113500j:plain

国宝であり「白鷺城(しらさぎじょう)」の愛称で有名な城ですから一度は訪れてみたいと思っていました。

f:id:shioneri:20181208113800j:plain

有料の入城口を抜けるとたくさんの櫓や門、石垣があり、天守閣まで様々な風景が楽しめます。

f:id:shioneri:20181208115400j:plain

天守閣からは姫路の街並みを一望できます。大天守の高さは海抜91.9mということなので、まさに絶景です。

f:id:shioneri:20181208120000j:plain

城を守る仕組みもいろいろ見学できます。「武者隠し」という上下に分かれた小部屋が特徴的でした。

f:id:shioneri:20181208120900j:plain

徳川家康の次女、督姫(とくひめ)を妻とする池田輝政により、慶長14年(1609年)に建てられたお城が現存しているんです。すごいですね。

f:id:shioneri:20181208121300j:plain

怪談「播州皿屋敷」の「お菊井戸」がありました。合掌。

f:id:shioneri:20181208122000j:plain

名高い軍師「黒田官兵衛」も姫路城で生まれたとか、秀吉に姫路城を献上したとかいわれているようです。

f:id:shioneri:20181208123800j:plain

家康の孫娘の「千姫」が暮らした城でもあるそうで、西の丸には千姫ゆかりの化粧櫓などがあります。

f:id:shioneri:20181208125700j:plain

今回は「好古園(こうこえん)」は行きませんでした。また機会があれは行ってみたいと思います。

f:id:shioneri:20181208133200j:plain

連れがお土産にかまぼこを買うというので、「ヤマサ蒲鉾」の大手前店に立ち寄りました。「さっちゃんのちぃかまどっぐ」という見た目はアメリカンドッグ、中身はチーズかまぼこの揚げたてグルメをいただきました。

車で北へ30分ほど行くと「かまぼこ工房 夢鮮館」という本社工場直売所があるようですが、今回は行きませんでした。

 

f:id:shioneri:20181208140100j:plain

昼食は「姫路おでん」を食べようということになり、「ヤマサ蒲鉾大手前店」の隣にある「夢乃そば」で「おでん定食」をいただきました。生姜醤油(しょうがじょうゆ)で食べるおでんを姫路おでんと呼ぶそうです。

お店の方に伺うと、こちらもヤマサ蒲鉾の直営店だそうです。道理で定食にかまぼこがついてくるわけです。美味しい、おでんと蕎麦、かまぼこをいただきました。

「さっちゃんのちぃかまどっぐ」は11月29日に「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたそうで、先週は凄い行列ができていたそうです。今日は並ばずに買えましたのでラッキーでした。

f:id:shioneri:20181208151000j:plain

たつの市まで足を伸ばしました。

f:id:shioneri:20181208151200j:plain

合併する前の御津町というところです。瀬戸内海に面して風光明媚です。

f:id:shioneri:20181208153500j:plain

「道の駅みつ」です。物産販売所では播磨灘の魚や干物などが売られていました。

千屋牛

f:id:shioneri:20181125120300j:plain

おいしい焼肉を食べようということで、「焼肉 千屋牛」でランチをいただきました。

こちらのお店、宝塚市中野町にあるアンテナショップ「JAあしん館」の3階にあります。

岡山県新見市の「JA阿新」のアンテナショップが、何故か宝塚市に2ヶ所あるのです。

しかも、こちらのお店は阪急今津線の小林(おばやし)駅が最寄り駅という、ちょっとマイナーな立地条件です。

f:id:shioneri:20181125111700j:plain

開店時間の11時頃に伺うと、予約で一杯だが小一時間で食べるのなら席を用意できるとのこと。我が家は食事には時間がかからないのが常なので、1時間の条件で了承いたしました。

f:id:shioneri:20181125112000j:plain

 A定食(赤身のうす切り、上ロース、カルビもみダレ、鶏もも肉、お漬物、スモールサラダ,焼野菜,ご飯,スープ)を注文しました。自分で焼いて食べる焼肉定食ですね。

千屋牛(ちやぎゅう)は、岡山県では有名なブランド牛だそうで、小規模生産で出荷数が少ないため全国的な知名度が低いのですが、綺麗な霜降りで柔らかいお肉といわれているようです。

こちらの定食のお肉ですが、とても柔らかくて美味しい。これで税込2300円とは、お得な価格だと思います。しかもご飯がうまい。聞けば「にいみ源流米コシヒカリ」を使用しているとのこと。1階の「産直ふれあい市場」で販売しているとのこと。早速、買って帰りました。ごちそうさまでした。

千屋牛

うずしおクルーズ

f:id:shioneri:20181123101500j:plain

鳴門の渦潮を見たいというので淡路島に行ってきました。

南あわじ市福良港にある「道の駅 福良」に到着しました。

f:id:shioneri:20181123101400j:plain

うずしおクルーズ船は「うずしおドームなないろ館」から出発します。

f:id:shioneri:20181123101600j:plain

隣には足湯などもありました。

f:id:shioneri:20181123102000j:plain

これから乗船する「咸臨丸」です。

f:id:shioneri:20181123103900j:plain

いよいよ出港しました。船酔いが気がかりです。

f:id:shioneri:20181123105700j:plain

途中の煙島です。厳島神社があるそうです。

f:id:shioneri:20181123110100j:plain

遠くに釣島鼻灯台が見えます。

f:id:shioneri:20181123111100j:plain

大鳴門橋が見えてきました。そろそろ船酔いで気分が悪くなってきました。

f:id:shioneri:20181123111600j:plain

うず?なのでしょうか。

f:id:shioneri:20181123112000j:plain

うず?

f:id:shioneri:20181123112001j:plain

うず?の周りで粘る小舟です。凄い。

f:id:shioneri:20181123112002j:plain

うず?

f:id:shioneri:20181123112100j:plain

うず?

f:id:shioneri:20181123112100j:plain

うず?でしょうか...結局、これこそがうずというのがわかりませんでした。

f:id:shioneri:20181123130000j:plain

昼食を食べに「道の駅 うずしお レストラン」へ行きました。

臨時駐車場からシャトルバスが出ていました。

f:id:shioneri:20181123134500j:plain

「白い海鮮丼」です。地魚の白身だけを使った海鮮丼ということです。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

道の駅うずしおレストラン

f:id:shioneri:20181123162200j:plain

帰りがけに「淡路ハイウェイオアシス」に寄りました。

久しぶりの淡路島旅行でした。楽しかったです。